民間銀行の住宅ローンは、融資時に保証会社と保証委託契約を締結することが一般的である。

債務者が住宅ローン返済が不可能な状態になり、期限の利益を喪失し、一括請求に至った場合、保証会社が銀行から保証債務の履行を求められ、債務者に代わって弁済する。

これを「代位弁済」という。

その後、保証会社は債務者に対して求償権を得て、債務者に対し弁済金額の一括請求を行うことになる。