債務者が住宅ローン返済による現金での返済が不可能な状況になり数ヶ月経過すると、期限の利益を喪失し、分割ローン払いを打ち切られて残債務の一括請求に至る。

民間銀行の保証付き住宅ローンの場合は、代位弁済後に保証会社から一括請求を受けることになる。

融資時の住宅ローン契約書には、滞納回数1~2回で期限の利益を喪失する旨が定められている。