住宅ローンは一般的に20~35年間の返済期間を定めて融資を受け、その間は全額返済する必要がない。

この期限が到来するまで期間があることを期限の利益といい、この利益は債務者にある。

しかし債務者が返済義務を怠ったり、破産手続を行ったりした場合、債権者は債務者の期限の利益を喪失させて、その時点での全額完済を請求することができる。

これを期限の利益の喪失という。