宅地建物取引業とは、「宅地または建物の売買」「宅地または建物の売買の仲介」等を、業として行うものと宅地建物取引業法で規定されています。

宅地建物取引業を営むには、宅地建物取引業法の規定により、国土交通大臣または都道府県知事の免許を受けることが必要です。

任意売却の業務を受託するには、業務内容に「宅地または建物の売買(仲介)」を伴いますので、必ず宅建業免許を受けなければなりません。

宅地建物取引業とは【不動産ジャパン】