抵当権とは、債務の担保に供した不動産について、債権の弁済を受ける権利をいう。

住宅ローンや不動産担保ローンのローン契約と同時に、融資を受けた銀行または保証会社を債権者(抵当権者)とし、担保不動産に対して抵当権を設定する。

債務者が返済不能、期限の利益を喪失した場合に、抵当権が実行されて不動産競売(担保不動産競売)に付されることになる。

根抵当権は、極度額まで担保するための抵当権を設定するものである。