債務者がローン返済が不可能な状況になり、期限の利益を喪失し、分割ローン払いを打ち切られて残債務の一括請求に至ることをいう。

主に住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンについて使われる文言。